ちーだーの日本一周奮闘記

北海道札幌市から歩いて日本一周することに挑戦しています!日々の赤裸々な記録や進捗状況を更新していきますので、応援よろしくお願いします!

【旅34日目】寒さと見知らぬ女性

 

 

 

ども、ちーだーです。

 

 

 

今日は久々の野宿です。

 

 

 

クマの心配はありますが

 

なんとかなるでしょう。笑

 

 

 

 

 

 

 

 寒さには敵いません

 

 

 

 

 

 

今日は少し遅めの出発でした。

 

 

 

 

 

なんせ朝が寒い!!!

 

 

 

最低気温-2℃!!

 

 

 

寝袋から出れなかったよね〜

 

 

そのせいで遅れたよね〜

 

 

 

 

 

これは計算外でした。

 

 

 

 

寒いと出発が遅れると…_φ(・_・

 

 

 

 

寒さのせいで出発が遅れ

 

今日の目的地であったキャンプ場に

 

着く頃には17:00を回ります。

 

 

 

 

ここ最近の17:00は若干暗いです。

 

ちゅーことはクマも出没しやすいです。🐻

 

 

 

 

 

心配性の私は遅くても16:00ぐらいには

 

目的地に着きたいんです。

 

 

 

なので、途中の町にある

 

橋の下でテント設営して

 

なんとかやり過ごすしかありません。

 

 

 

明日は今日の目的地であった

 

キャンプ場より先のキャンプ場に向かいます。

 

 

 

今日の分も取り戻します!

 

 

 

 

 

 

 

えっ、2回目?

 

 

 

 

 

 

 

歩いて10㎞弱ぐらいでしょうか。

 

 

 

 

一台の車が真横に止まりました。

 

 

 

 

昨日も歩いてるの見たんですよ〜

乗って行きますか〜?

 

 

いえ、「歩いて日本一周」なので

車はちょっとダメなんですよ〜…

 

 

あっ、歩くだけなの!?それはすごい!

じゃあごめんね〜。頑張って!

 

 

はい!頑張ります!

わざわざ止まってくれて

ありがとうございます!

 

 

気にしないで〜。じゃあね〜。

 

 

 

こんな感じでしたね。

 

 

 

 

次は歩き始めて3時間ぐらいが経ち

 

お腹が減ってきました。

 

 

 

歩いていると暑いのもあり

 

上着を脱ぎたいのですが

 

 

 

 

 

なんせ田舎道で立ち止まるのが怖い!!

 

 

 

それこそクマにばったり遭遇します!

 

 

 

 

 

 

会ったらもう終わりです!!!!

 

 

 

 

 

 

 

だからと言ってずっーと鈴鳴らしながら

 

上着脱いだりバックパックから

 

水とかご飯出すのは至難の技!

 

 

 

 

 

 

小さい町でも人工物や人が居れば

 

その場で立ち止まれます。

 

 

 

 

あと10㎞弱なので我慢していましたが

 

我慢の限界きそうでした…

 

 

 

 

そろそろ喉にも限界が…

 

 

 

 

 

その時!!!!

 

 

 

 

 

 

先程止まってくれた車が

 

また止まってくれました。

 

 

 

 

車に乗れないのは知ってるはずなんだけどな〜

 

と、思いながら近づくと

 

 

 

これ、差し入れ。疲れてるでしょ?

今日も暑いし、喉乾いてるだろうから

これ食べて元気に歩いてね!

じゃあね、頑張って!

 

f:id:TIBATIDA:20171006171736j:image

 

 

 

 

わざわざ私のために止まってくれて

しかも私のためにわざわざ

アクエリアスとパンまで

買ってきてくれて…

 

 

 

ただただ感謝です。

ありがとうございます。

 

 

 

 

その後は体力も復活して

 

無事に寝床も見つかり

 

今日の1日は終了する、、、、、はず。

 

 

 

 

野宿の怖いところってクマもそうだけど

住民の通報なんですよ。

テント設営して、テント内に物広げた後に

警察官に見つかって

ここに野宿したらダメだよ〜

なんて言われたら、もう泣きますね。ほんと。

 

 

 

 

 

 

明日の朝まで見つからないのを祈ります!

 

 

 

 

 

 

クマにも人にも!笑

 

 

 

 

 

今日はこんなところですかね〜

 

 

なにかハプニングがあれば

 

明日の記事に載せます笑

 

 

 

 

最後まで見てくれた方

 

ありがとうございます。

 

 

 

ではでは、さようなら。