ちーだーの歩いて日本一周日録

2017.9.2〜10.9&2018.4.2〜5.1/歩いて日本一周の旅、再度一時帰宅しました。出発は早くて5月下旬予定です!

日常生活&お世話になった方々

【番外編】

ども、ちーだーです。

 

 

日常生活

 

いやー、これはこれで幸せですね笑

 

でも非日常から日常の生活に戻ると

少々混乱します。。。

 

カフカのベッドだし

パンは焼いて食べれるし

家の中は暖かいし

充電は何回でも出来るし

あげるものはたくさんありますね!!

 

ただ!早く旅に出たい!!w

 

非日常生活を味わったからこそ

日常生活を求めてるかもしれん!!

 

でも日常生活なんて

多分数週間で飽きると思いますね。

 

 

非日常こそ人生だ

 

だからこそ「歩いて日本一周」

っていう非日常生活を味わいたい。

 

普通に就職して

普通に家庭作って

普通に老後迎えて

普通に死んだとしたら

絶対に後悔しますね

っていうかこんな生活つまらなさそう

 

個人的な意見として

普通ってなんかつまらなくないですか?

 

普通の生活が大多数だと思うし

普通の生活があるからこそ

成り立ってる日本だから

普通の生活をしている人には

ちょっと申し訳ないとは思うけど…

 

ほんとにそれでいいんですかね?

 

高卒or大卒で就職するのが

なんとなく世間で成り立ってる一般常識。

 

んで仕事数年して、パートナー見つかって

結婚して家庭作って、子供作って

定年まで社畜として働き

無事に定年し、年金生活

 

終活もしつつ、身体に気を付けながら

寿命が来るのを待つと。。。

 

ちーだーは絶対無理!!!!

 

どんな人生を歩むかは、人それぞれですし

私もなんとなくのイメージはありますが

人生に決められた路線なんてありません

 

人生計画なんてあってないようなものです

人生はいつ終わるかわかりませんよ!

死ぬまで楽しみましょう!

 

 

旅でお世話になった方々

 

f:id:TIBATIDA:20171011201126j:image

分かりづらいですが写真ですが

ただ、水筒に氷が入っているのに気付いたので

写真を撮っただけです

 

写真を撮った昨日は友達の家に

泊まらせてもらいました

 

その際、水筒に水を入れてもらったのですが

なんとが入っていたんですよ

 

その日もとても暑くて、水を飲もうとしたら

氷が入っているのに気付き

めっちゃ嬉しかったのを覚えています。

 

友達ありがとう!!

 

 

f:id:TIBATIDA:20171011201739j:image

この写真は焼きとうきびですね

 

この日は旭岳〜黒岳を縦走して

とても疲れてキャンプ場に着いたところ

どこかの部活動と思われる集団が

キャンプ場を占拠していました

 

明らかに学生なので夜は絶対うるさいなよなぁ

と、いい思いはしませんでした。

 

テントを設営する場所も端っこの方しかなく

炊事場もトイレも遠い場所でした

 

水が欲しくなったので

炊事場で水を入れていた時

部活動の顧問であろう男性が

 

 

「◯◯大学の山岳部です。

今夜はキャンプ場で大人数の学生がいて

うるさいと思います。すいません。

これ、さっき焼いたとうきびです。

よかったら、どうぞ。」

 

「あー、そうなんですが。大丈夫ですよ。

学生がキャンプ場に集まれば

うるさくなるのは当然ですよね

私もそうなると思いますw

とうきびありがとうございます」

 

などなど、話しをして先生は戻りました

 

テントに戻り、とうきびにかぶりついたのを

今でも覚えてます!めっちゃ美味かった!

 

あと、勝手に疑ってしまった学生さん達!

私より寝るの早くて

逆にうるさいのは私だったかも!

申し訳ない!w

 

山岳部顧問の方ありがとうございます!

学生さん達!登山頑張って下さい!

 

 

また次回に色々書きたいと思います

思い出しただけで

感謝の気持ちでいっぱいです!

 

また次回見にきて下さい!!

 

最後まで見ていただきありがとうございます

広告を非表示にする