ちーだーの日本一周奮闘記

北海道札幌市から歩いて日本一周することに挑戦しています!日々の赤裸々な記録や進捗状況を更新していきますので、応援よろしくお願いします!

旅しながら仕事ってどうなの? PART 1

 

どもっ。おはこんばんちは。ちーだーです。

 

突然の報告になりますが 

今現在は実家でバイトをしながら

お金を貯めています!我慢時ですね!

自分に言い聞かせてます!

 

でも、将来的には……

 

 

 

旅しながら仕事をしたい!!!

 

というざっくりした目標ができました(^^)

 

 

 

 

①どうやって仕事するん?

 

 

仕事といっても色んな仕事があると思いますが

私はみなさんと一味違います(°▽°)

 

 

人見知り

&

内気

&

コミュ障

&

人間不信

&

吃音症

&

双極性障害

 

接客業はもちろん

営業マンなんてもってのほかです

 

 

これまでのアルバイト経験も

裏方中心で表には出ないものばかりです。

苦手意識を克服するのも考えましたが

なんせ精神的にしんどい笑笑

 

なので、調べてみたところ。。。

 

 

 

 

旅しながら仕事するのは

不可能ではない!!

 

でも、そんな人はごくわずか…

しかし、やってみる価値は大いにあります^ ^

旅しながら仕事できるんですよ??

もう最高やん☺️☺️☺️

 

簡単に説明しますが

いくつか候補を挙げてみました!!

 

 

 

②どんな仕事があるのか??

 

 

1.ブロガー・アフィリエイター

 

ブログなどを書いたりすることで

収入を得ている人が多くいます。

特定の人(私の場合は旅)に役立つ記事などを

定期的に更新することで多くの方が

見に来てくれます。(いずれ笑)

それだけ多くの収入を

あげることが可能になります。

 

主に広告収入がほとんどです。

アクセス数にかなり左右されるので

多くの特定の人に見てもらいやすい記事を

発信し続けていくことが大切ですね!!

インターネット環境さえ整っていれば

世界中どこでも可能だと思います!!

 

太平洋のど真ん中でヨットに乗りながら

お仕事やってみたいですね〜(´∀`=)

 

 

2.トラベルライター

 

旅に人生を賭けているような人は

ピッタリかもしれません!!!!

 

旅先の魅力を写真や動画、文章を駆使して

SNS、ブログ、企業のサイトで紹介するお仕事

また、一から自分でサイトを作り上げて

情報発信する。という方法もあります。

 

ただ一人で楽しく旅をしても意味がありません。

少し前にお話しした通り、旅先の魅力を

伝えなくてはなりません。

ほんとの旅好きは

意識していれば問題ないと思います

 

 

 

 

ここで一つ疑問が生じます。。。

 

1.ブロガー・アフィリエイターと

2.トラベルライターが

少々被っていると思ったのは

私も同じです。。。。

 

いずれ詳しく紹介したいと思います^ ^

 

 

3.YouTuber

 

ここ数年で人気が急上昇してるYouTuber

将来子供がなりたい職業ランキングベスト3に

入るほどの人気がある職業(?)

私の場合は旅なので

 

例えば…

・実際に野宿してる様子

・海外の綺麗な朝日を浴びる動画

・中世から続いている街並みの風景

ニューヨークタイムズで年越ししてみた

・ヨーロッパで撮った写真をひたすら流す動画

 

などなど、、、

発想によっては膨大な量の動画を撮れそうですね!

 

 

4.カメラマン

 

世界各地に行くわけですから当然写真は撮りまくります

フィランドのオーロラ、エジプトのピラミッド

イタリアのピサの斜塔、イギリスのネッシー(笑)

などなど…

観光名所はもちろん珍しい動物

その国独特の世界観、カリブ海の水着美女

撮る対象は無限大です!!

 

ちなみに私はプロのカメラマンではありません

初心者です。初心者なりの写真でも

旅をし続ければ少しずつではあると思いますが

腕は上がっていくはずです。

それに世界中を旅するとなれば

日本人が行きそうもない国の写真や

世界各地の写真を撮れば

少々ではありますか需要はあると考えています。

実際に初心者が撮った写真は

必要としている会社やサイトに

買い取ってくれます。

 

 

 

いかがでしたでしょうか??

 

ほんの一部ですがピックアップしてみました。

また次回、いくつかご紹介します!

 

いやー、記事にしてるだけで

ニヤニヤしちゃいますね(*´꒳`*)

いつか叶うと思うとめっちゃ楽しいです!!

 

 

こんなところで今回はここまでです。

最後まで見てくれた方

ありがとうございました。